神経質や潔癖症といった性格と強迫性障害の境目

2種類の治療法

眼鏡をかけた医者と患者

薬を服用

強迫性障害で怖いのが、自分自身や周りの目を気にするあまり、不安が大きくなったりうつ病を誘発してしまうことです。これらを改善する為にも、まず抗うつ剤という薬を服用する必要があります。ただし、薬の効果は人それぞれによって違ってきます。もし全く効果が出ない場合は、医師と相談した上で服用量を変えたり、薬を変える場合もあります。

認知行動療法

薬を服用すれば強迫性障害が軽減する可能性がありますが、あくまで一時的に過ぎないので、今度は認知行動療法で治す必要があります。認知行動療法とは、元々うつ病の治療として作られた認知療法と、自身の行動を改善する為に作られた行動療法を一体化したもので、強迫行為をしたくても必死に我慢するという療法になります。例えば、キチンと窓に鍵を掛けたかという思いにとらわれても家に戻らない、不潔な物に触れても手を洗わない、というのがあります。このように我慢をし続けることで、段々と不安が小さくなり強迫行為をしなくなり、強迫性障害が回復していくのです。

大切なこと

認知療法の方法は簡単というわけではありません。完全に治るまで時間が長く掛かってしまう場合もあるので、とても辛い思いをする方もいらっしゃるでしょう。しかし、ここで諦めてしまっては治るものも治りません。しっかりと覚悟を持って治療に専念すれば、強迫性障害を治すことが出来るのです。また、一番大切なこととして、強迫性障害を治す為に、まずご自身が「治したい」という気持ちをしっかりと持つこと、そしてご家族の方が優しく接してあげることになります。